Madio Corp. Seminar and Institute 古文書講座 オンラインセミナ、江戸のくずし字、人形町私塾

  

 
着物でホスピタリティ
人形町私塾
女性いきいき塾
古文書セミナ 入門
イタリアを愉しむ  
オリーブオイル販売
特定商取引法による表記 
佐渡能舞台
ワインの愉しみ
プレスリリース
人は見たものしか信じない

株式会社マディオ
千葉市中央区長洲1-10-13

office@madio.jp

 
  
 
what's news
古文書セミナ 【江戸の黄表紙を読む】オンライン講座 受付中

前期講座 夜間講座  月曜日に変わりました
 
2022年5/16、6/20 、7/118/8、9/5 (全5回)
月曜日 20時-21時半 実施

5/16から新講座スタート
「文武二道万石通」

『黄表紙は江戸時代の中期に生まれた、滑稽や風刺を主眼とする文学ジャンルです。全頁にわたって絵が掲げられ、絵の余白に文章が配されるという体裁は、今日の漫画の原点ともいえるでしょう。

本講座では、朋誠堂喜三二作の『文武二道万石通(ぶんぶにどうまんごくとおし)』を取り上げます。
松平定信の寛政の改革によって、「文」と「武」の二道が奨励されたことを揶揄した作品で、時代の空気を読んで巧みに批評する、黄表紙の精神の真骨頂が顕れているとも言えます。舞台は鎌倉時代にずらされており、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で描かれる人物が多数登場。!

   

古文書セミナ 【御伽草子『浦島太郎』を読む】オンライン講座 受付中
前期講座 夜間講座  
2022年5/11 、6/8 、7/6 8/17、9/14 (全5回)
 水曜日 20時-21時半 実施



この御伽草子の『浦島太郎』は、私たちが知っている現代の『浦島太郎』の話とは、色々な点で異なっています。御伽草子の『浦島太郎』を、江戸時代に出版された版本の本文で読み、現代の『浦島太郎』とどこが違うか、正確に読み取っていきましょう。

NEW 古文書通信講座 スタート【芭蕉の自筆本を読む】
4/28 受付中 6ヶ月、10回コース
お問い合わせの多かった、芭蕉の自筆原稿をテキストにした通信講座を始めます。六ヶ月、10回コースが一つの区切りになっています。お客様の理解度に合わせて、コースを運営していきますので、どのレベルの方でも参加できます。



イタリアから、味わい深く、フルーツテイストの
エクストラバージン・オリーブオイルをお届けします。
NEW消費税の増税により、価格が変わりました


佐渡能舞台への招待
 2022年9月7日  水曜日 に佐渡市羽茂本郷の草苅神社で、能楽が開催されます。 

佐渡には日本の能舞台の1/3があるといわれています。地元の能楽倶楽部の方々により、現在でも定期的に能が舞われています。そんな佐渡の文化遺産をご紹介します。
 
 
 
 
 
 
 
 


Today 's Milano
イタリアでは3/27から夏時間が始まりました。日本との時差は7時間です
via montenapoleone
モンテナポリオーネ通り
セミナ案内
2022.5.13 updated  
古文書セミナ 入門
【江戸の黄表紙を読む】
5/16 月 20:00
古文書セミナ 入門
【御伽草子『浦島太郎』を読む】
6/8 水 20:00
古文書セミナ 入門
【江戸の黄表紙を読む】
6/20 月 20:00
古文書セミナ 入門
【御伽草子『浦島太郎』を読む】
7/6 水 20:00
   
古文書セミナ 入門
【江戸の黄表紙を読む】

7/11月 20:00

古文書セミナ 入門
【江戸の黄表紙を読む】
8/8 月 20:00
古文書セミナ 入門
【御伽草子『浦島太郎』を読む】
8/17 水 20:00
   
お知らせ

オンライン講座の紹介動画

古文書セミナ前期コース受付中

 
 
 
  着物でホスピタリティ始めました 詳しい内容
 
 
 
 
Return To Top


Privacy PolicyContact UsAbout Madio
Copyright(C) 2004-2022 Madio Corp. All Rights Reserved